省エネ・節電対策には「省エネガラスコート」

型枠パネルなら環境にやさしい型丸 エコプロダクツ事業部

省エネガラスコート:HOME > よくある質問

Q.どんな窓ガラスにも施工が可能なのですか??

A. いいえ窓ガラスの種類によっては施工ができない、あるいは、不具合が発生する場合があります(下記参照)。事前にご相談の上、施工をお断りする場合がございますので、ご了承ください。

①下記の種類の窓ガラスは施工できません

撥水ガラス加工面 油膜が取れないのでコート剤がはじかれる。
熱線反射ガラス
加工面 
金属酸化物が焼き付けられており、下地処理である油膜取りができない、あるいは油膜取りをすると加工部分が剥がれてしまう。また加工面の反対側のガラスに施工した場合でも、外が暗く室内が明るい場合などは、虹彩現象(※)が出ることがある。
傷・ヒビ割れのある
ガラス 
基本的に施工不可。もし施工する場合、塗布後のガラスの熱割れ保証はできない。

②下記の種類の窓ガラスは施工可能ですが、不具合が発生する可能性があります。その上で施工を行うか事前にご相談をさせていただきます。
熱線反射ガラス 外が暗く室内が明るい場合などは、虹彩現象(※)が出る。
網入りガラス
熱割れの可能性がある。
※ガラスコーティングを塗布しなくても、金属とガラスでの膨張率が違うため熱割れすることがある。
フィルムが貼ってある
ガラス
フィルムの上にそのまま塗布する場合、フィルムが溶けてくもる、あるいは下地処理ができないためにガラスコートがはじいてしまう可能性がある。
型板・スリガラス 凹凸があるため、施工は可能だが現状に戻すことができないため、保証対象外での施工となる。

※室内の蛍光灯の角度や太陽の反射光による映り込み加減によって虹のような模様が見えること。

Q.施工は季節を問わずいつでも可能ですか?

A. はい基本的にはいつでも可能です。しかし、下記の施工条件を保持することが必要です。
室温:10~30℃
湿度:70%以下 (※理想的な湿度条件は60%以下)

湿度が70%以上になると塗膜のレベリングが悪くなったり、硬化不良や白濁が起こったりするため、空調で室温を下げたり、除湿を行いながら作業を行います。あるいは条件の良い日に日程を再調整させていただく可能性があります。
また、施工完了後も湿度が高くなると予想される場合は、翌日まで空調の稼動をお願いすることがあります。

Q.省エネガラスコートを塗布すれば、夏場でも室内が涼しくなるということでしょうか?

A. いいえ、空調なしで極端に涼しくなる訳ではありません。省エネガラスコートを塗布することで、ガラス窓の直射熱を最大5~10℃カットしますが、室内の平均温度は2~3℃の温度差です。但し、空調の設定温度を通常より1~2℃上げることができ、省エネおよび空調費の削減が可能になります。

Q.10年の再施工保証とはなんですか?

A. 保証期間内に、剥離・白濁・黄変が起きた場合は、不具合箇所を再施工いたします。但し、下記の場合は保証対象外となりますので、あらかじめご了承ください。

免責事項

①お客様の責任による場合
②薄めた中性洗剤または水洗い以外のアルコール等および特殊洗剤・薬剤を使用して清掃し、発生した不具合(※)
③故意に金物等で傷・剥離した場合
④天災・自然災害等により、破損・剥離した場合
⑤フィルムに塗布、または塗布後にフィルム等を貼った場合
⑥外窓ガラスへ塗布した場合
⑦塗布前後にカッティングシート等のシール類を貼り付けた場合
⑧熱線反射ガラス・型板ガラス・スリガラス・フロストガラス・ガラスブロック・装飾ガラスに塗布した場合
⑨熱線ガラス・網入りガラス・合わせガラス・ガラスブロックへ塗布し、熱割れが発生した場合のガラスの保証および再施工
⑩喫煙室等へ塗布した場合
⑪ガラス以外の基材へ塗布した場合

商品に関するご質問、お見積りなど
お気軽にご連絡ください


icon_2y_48.png03-3639-3306





コンクリート用夜間反射塗料「Re-Flex」コンクリート用夜間反射塗料「Re-Flex」