型枠パネルなら環境にやさしい型丸

型枠パネルなら環境にやさしい型丸 エコプロダクツ事業部

型枠パネル:HOME > 型枠リユースシステムの特徴

受賞ロゴマーク(2行).png平成26年度資源循環技術・システム表彰にて
「一般社団法人産業環境管理協会会長賞」を受賞

主催: 一般社団法人産業環境管理協会
後援: 経済産業省
tate.jpgtate.jpg
本表彰は、廃棄物の発生抑制(リデュース)、使用済み物品の再使用(リユース)、再生資源の有効利用(リサイクル)に寄与する、高度な技術又は先進的なシステムの特徴を有する優れた事業や取組を広く公募・表彰し、その奨励・普及を図ることにより、循環ビジネスを振興することを目的としています。

「型枠リユースシステム」は、循環型社会構築に向けて実績を上げているとの評価をいただき、「一般社団法人産業環境管理協会会長賞」を受賞しました。


パネルリース5つの特徴.png

様々な施工ニーズに対応した型枠パネルを製作し、必要な時に必要な分だけ現場にお届けいたします。
資材のストックヤードや加工スペースも不要で、加工済み型枠を施工に必要な分納品いたしますので、現場での加工手間が軽減されます。



砂目地防止.png

フィルムを一体巻きにすることで、ノロの漏出を防ぎます。
この加工により、仕上がり面に横方向の砂目地が発生しないため、補修手間を軽減することができます。
Plain_blk_Right.gif 砂目地防止加工について




3R.png

今まで型枠の業界では難しかった「3R」を古紙100%の耐水性板紙と合成樹脂中空板で可能にしました。
LinkIcon3Rについて



ゼロエミッション.png

必要なだけの加工済み型枠パネルを現場に納品し、作業後、そのまま回収するので、現場加工が不要かつ資材のロスがないため、型枠に関する無駄なゴミが排出されず、現場でのゼロエミッションが達成できます。
LinkIconゼロエミッションについて


間伐材.png


桟木には国内の間伐材を使用しているので、CO2の吸収率がUPし、森林の再生・活性化の手助けをしています。

「型枠リースシステム」は下記の4つの工程によって成り立っています。

リユースシステムの仕組み.png

大きく分けると下記のように「リユース+リデュース(ゼロエミッション)」の工程と「リサイクル」の工程の2つのグループに分けることができます。

reusereduce.png

再使用可能なコンクリート型枠用せき板、リユースボード「型丸」を使用し、様々な施工ニーズに対応した型枠パネルを製作・納品します。
型枠パネルの状態で納品しますので、現場加工が不要資材のロスがありません。また、工事終了後に、型枠パネルを回収しますので、型枠に関するゴミが排出されません。型枠に関してのゼロエミッションが達成できます。
工事終了後に、型枠パネルを回収します。回収した型枠パネルは解体・分別し、せき板を修復・再加工してリユース。また次の工事に使用します。

resycle.png

型丸や型枠パネルの製造工程や修復工程で出た端材や廃材、また使用限度を超えた型丸本体を分別しリサイクルしています。

型丸の構成材料である耐水性板紙をダンボールの原料としてマテリアルリサイクル合成樹脂中空板と合成樹脂フィルムをRPFとしてサーマルリサイクルしています。

商品に関するご質問、お見積りなど
お気軽にご連絡ください


icon_2y_48.png03-3639-3306



長大バナー.png長大バナー.png

工法協会バナー.png工法協会バナー.png

ダイヤバナー.pngダイヤバナー.png



コンクリート用夜間反射塗料「Re-Flex」コンクリート用夜間反射塗料「Re-Flex」