ホーム  >   IR情報  >  経営方針  >  中長期経営計画

中長期経営計画

長期経営計画

image171221_1.png

 当社は社会資本に関する高度なコンサルティングサービスを提供することにより社会に貢献する企業です。私たちはサービスの品質を最優先として顧客から高い評価を得、「人・夢・技術」の実現を目指します。

 「人」は当社社員であり、顧客であり、株主であり、国民(社会)です。「夢」は「人」の幸福であり、満足であり、信頼です。「技術」は「夢」を叶える専門技術であり、マネジメント技術であり、コミュニケーション技術です。

 この目標に向かって私たちは専門家としての誇りと気概をもって仕事に取組み、当社の持続的成長を継続し、社員、顧客、社会、株主の満足度を高めてまいります。

中期経営計画

image171221_2.png

image171221_3.png

 当社第50期からの3事業年度の新中期経営計画「長大持続成長プラン2016」は、長大グループ経営のベクトルと目標を経営者と社員が共有し、これを社内外に表明することを目的とします。「国民(社会)」に対しては企業理念(経営姿勢)を、「株主」に対しては持続成長とコーポレートガバナンスの取組みを、「顧客」に対しては高い技術と成果品質による満足度を、「社員」に対しては充実した仕事を支える就業環境を実現します。

中期経営計画における3年ビジョン

image171221_4.png

 以下を中期経営計画における3年ビジョンとして掲げ必要な施策を実施してまいります。

①顧客および株主に信頼される企業

グループ各社の高い技術と共に、互いの技術を補完し、新たな領域で連携することでグループの総合技術を高め、顧客に高い信頼を与えられる企業になります。また、適正に機能するコーポレートガバナンスによって株主に高く信頼される企業を目指します。

②持続的成長を維持する安定経営企業

新事業推進戦略を着実に進めることで持続的成長を実現し、経営環境に業績が大きく左右されない安定経営企業を目指します。

③多様な能力の人材とダイバーシティを活かす企業

長大グループは基幹事業の競争力向上や新領域事業の成長に必要な人材とともに、社員の属性の違いや働く条件の多様性を受入れ、これらの人材を活かす企業を目指します。

④事業執行の改革を進める企業

効果的・効率的な事業の進め方を工夫し、PDCAを実行し、業務プロセスの改革を実行する企業文化の企業を目指します。

 

基本方針

 以下の基本方針のもと長大グループは持続的に成長してまいります。

image171221_5.png

image171221_6.png

image171221_7.png

image171221_8.png

image171221_9.png

ページトップ