ホーム  >   お知らせ  >  ニュース  >  メッシーナ海峡大橋プロポーザル作成業務受注のお知らせ

メッシーナ海峡大橋プロポーザル作成業務受注のお知らせ

弊社は、世界最長の吊り橋を建設するイタリアの「メッシーナ海峡大橋建設プロジェクト」におけるプロポーザル作成業務を受注しました。

2005年01月31日

同プロジェクトには、現在最終設計と施工を担当するグループを国際入札で決めるため、3グループが参加しています。そのグループの1つであるConsorzio Ponte Stretto di Messinaと専属コンサルタント契約を締結しました。
今回の業務では、吊り橋部の入札に必要な設計及び詳細設計に向けての提案を担当します。
 
業務名称:メッシーナ海峡大橋プロポーザル作成業務
工期:2005年4月
 
【参考資料】 
メッシーナ海峡大橋プロジェクトの概要
メッシーナ海峡大橋は、イタリア本土とシチリア島を結ぶもので、イタリア南部のインフラの向上や経済の活性化を狙いに計画されました。 メッシーナ海峡を跨ぐ、橋長3,666m、中央支間長3,300m、道路(4車線)と鉄道(複線)を併設する吊り橋であり、完成すると世界最長の吊り橋となります。 このプロジェクトでは周辺部の高速道路や鉄道も一体で整備し、2002年時点の試算によると総事業費は60億ユーロを見込んでいます。事業主体はイタリア政府系企業らが出資する「ストレットディ・メッシーナ」(メッシーナ海峡株式会社)です。 
 
国際入札(プロポーザル)の概要
最終設計と施工を担当するグループの選定はプロポーザルにより行われ、コストや技術力、デザイン、長大橋の施工実績、資金負担能力等の提案を募り、これらを総合的に判断して審査されることとなっています。工期短縮や新工法の提案があれば評価点に加算されます。

完成イメージ図

ページトップ