ホーム  >   お知らせ  >  ニュース  >  弊社がアドバイザリーとして参加した韓国PFIによる高速道路が開通しました

弊社がアドバイザリーとして参加した韓国PFIによる高速道路が開通しました

2006年04月30日

本プロジェクトは、弊社が本事業の融資団からアドバイザリー業務として受託し、約5年間にわたり業務モニタリングを実施してきたものです。本道路は5ヵ年の工期前に開通し、韓国第2、第3の都市を結ぶ重要幹線として利用されています。

 
この「大邱-大東高速道路民間投資プロジェクト」は韓国政府が推進するPFI事業の第1号案件で、事業費約2,300億円、現代産業開発など韓国企業8社で構成される事業会社が60%を出資、みずほ銀行、韓国産業開発銀行など複数金融機関の融資グループが40%を出資して建設され、完成後の料金収入により投資資金を回収した後、施設は政府に返還されることになっています。

ページトップ