ホーム  >   お知らせ  >  ニュース  >  現地レポート「カンボジア国"ネアックルン橋梁建設計画"起工式」

現地レポート「カンボジア国"ネアックルン橋梁建設計画"起工式」

2011年02月12日

 

ネアックルン橋梁建設の起工式が2011年2月12日に行われました。式には、カンボジア国側からはフン・セン首相ら政府関係者や周辺住民の方々が、日本からは伴野外務副大臣、黒木駐カンボジア日本大使、JICA関係者らが出席しました。
 
ネアックルン橋梁は、カンボジア国の国道1号上のメコン川渡河地点に架かる橋梁で、日本の政府開発援助(ODA)によって建設されます。国道1号はアジア・ハイウェイの一部(南部経済回廊)として、ホーチミン[ベトナム]-プノンペン[カンボジア]-バンコク[タイ]を結ぶ国際幹線道路の指定を受けており、カンボジア国内の主要幹線道路としてだけではなく、インドシナ半島南部地域にとっても重要な路線です。
現行の渡河手段はフェリーを使用していますが、ネアックルン橋梁が完成すると待ち時間が不要となり、渡河時間が大幅に短縮されて、カンボジア国のみならず隣国に対しても高い経済波及効果が期待されています。
 
<プロジェクト概要>
 プロジェクト名:The Project for Construction of Neak Loeung Bridge
 発注者    :カンボジア国公共事業・運輸省
 コンサルタント:(株)長大・(株)オリエンタルコンサルタンツ共同企業体
 コントラクター:三井住友建設(株)
 総延長    :約5.3km
 完成年    :2015年(予定)
 主要諸元   :<橋梁>
          主橋梁  PC斜張橋  橋長 640m
          取付橋梁 PCコンポ橋 橋長 西側900m 東側675m
         <道路>
          2車線 延長 西側0.8km 東側2.4km

工事看板

起工式会場の様子

ページトップ