ホーム  >   お知らせ  >  ご案内  >  比国カガヤン・デ・オロ市へ御見舞いを贈呈

比国カガヤン・デ・オロ市へ御見舞いを贈呈

2012年02月24日

 

 当社は、2月24日(金)に、フィリピンはミンダナオ島第二の都市カガヤン・デ・オロ市を訪れ、2011年12月16-17日に当地を襲った台風21号により甚大な被害を受けたことに対して哀悼の意を表するとともに、見舞金50万円並びに災害復旧に向けた技術者の派遣協力を記した目録を、エマノ市長に手渡しました。
 エマノ市長からは、被災現場の住居移転と洪水対策など安全・安心な街づくりが早急に必要であり、当社からの技術者派遣の申し出に感謝しているとのお言葉を賜りました。また、当社に対し、今後日本のJICA等が行う被災地復興に向けた調査・計画と連携して有効な対策を講じてほしいとの要請を受けました。
 
 当社は、早速JICA等との連携に基づく調査団等の派遣を検討するとともに、引き続きミンダナオ島及びフィリピンの経済発展に向けたインフラ整備に貢献していく所存です。

贈呈式の様子

被災地の様子

被災地の様子

ページトップ