ホーム  >   お知らせ  >  ニュース  >  比国・マンダウエ市長らが長大を表敬訪問

比国・マンダウエ市長らが長大を表敬訪問

2012年11月13日

 

 当社は、11月13日(火)に、フィリピンのセブ島にあるマンダウエ市のコルテス市長ら7名の表敬訪問を受けました。

 コルテス市長らは、東洋大学が16日に主催する、アジアPPP研究所(APPI)設立1周年記念フォーラムへ参加するため来日しており、APPI所長の東洋大学 サム田渕教授の紹介により今回の表敬訪問が実現しました。当社からは山脇正史取締役、三浦健也取締役、井戸昭典取締役らが出席、約2時間にわたり、長大の海外事業への取組みを紹介し、友好的に意見交換を行いました。

【マンダウエ市の状況】

 マンダウエ市は、セブ島の中央東海岸の臨海部に位置し、フィリピン政府によって公式に設立されたメトロ・セブと呼ばれる7市6町の大都市圏に含まれ、ビジネスや文化、港湾の中心都市である州都セブ市と、国際的な玄関口であるマクタン・セブ国際空港を有するラプ=ラプ市に挟まれ、海と空と都市を結び付ける重要な交通結節点となっています。また、近年は工業都市としての成長が著しく、30km2弱の面積に約26万人の人口を有する密集市街地を形成しています。

ページトップ