ホーム  >   お知らせ  >  ニュース  >  比国アシガ川小水力発電事業 日本メーカーによる水車発電機調達が決定

比国アシガ川小水力発電事業 日本メーカーによる水車発電機調達が決定

2013年12月10日

 当社がミンダナオ島最大のゼネコンであるエクイパルコ社(本社:同島ブトゥアン市)及びフィリピン企業2社と設立した特別目的会社(SPC)「アシガ・グリーン・エナジー会社(以下「AGEC」)」で開発を進めているミンダナオ島北アグサン州の8MWの水力発電所-アシガ川小水力発電事業において、日本メーカーである富士・フォイトハイドロ株式会社(以下「富士フォイト社」といいます。)による水車発電機調達が決定いたしました。

 12月6日、SPC参画企業から井戸昭典・長大取締役が、平成23年度「インフラ・システム獲得支援技術協力事業」等を通じて本事業にご支援いただいた経済産業省から菅原忠・大臣官房企画官が立会いのもと、エクイパルコ社COOでもあるロニー・ヴィセンテ・ラグナダAGEC代表、富士フォイト社の中井雅理海外営業部長により、アシガ川小水力発電事業の水車発電機に関する調達契約が調印・締結されました。

 今回契約に至った水車発電機の概要は以下のとおりです。

<導入する水車発電機の概要>

 形式(Type)          : 横軸フランシス

 容量(Capacity)        : 4,000 KW

 台数(Number of Units)   : 2台

 定格落差(Rated Net Head) : 108.44 m

 定格流量(Rated Discharge) : 9.0 m3/sec(4.5 m3/sec/unit)

落札者決定通知書授与

契約書調印

ページトップ