ホーム  >   お知らせ  >  ニュース  >  フィリピン国ミンダナオ地域開発に向けた包括提携の覚書締結

フィリピン国ミンダナオ地域開発に向けた包括提携の覚書締結

2015年05月11日

 当社は、グループ会社である基礎地盤コンサルタンツ株式会社と共に、フィリピン共和国ミンダナオ島に拠点を置くエクイパルコ社(以下「エ社」)及びツインピーク社(以下「ツ社」)と、同島ブトゥアン市周辺で新たに農業系・水産系事業でも共同で取り組むことで合意、先行する小水力発電事業や上水供給事業、工業団地の開発事業と合わせて、ブトゥアン市周辺エリアの地域開発に向けて、より一層一体的に推進する包括提携の覚書を締結いたしました。
 
 本覚書では、既にエ社及びツ社らが設立した、①農業系事業を推進する特別目的会社(SPC)で、現在、稲作・精米事業を実施する「アグサン・グリーンフィールド・リソーシス・コーポレーション」、②水産系事業を行うSPCで、鰻とエビの養殖養鰻事業を進めている「カバドバラン・アクアテック・リソーシス・コーポレーション」の2つのSPCへの長大による出資のほか、長大グループの強みを生かしたコンサルティングサービスの提供について、合意しています。
 
 ブトゥアン市周辺エリアの豊富な農業系・水産系資源に着目し、民間企業が主導して生産性の向上や高付加価値化を実現することで、地域の経済発展につなげ、ひいてはミンダナオ島の平和構築に資することを目指した、長期にわたり、幅広い領域で共同事業を行うための包括提携です。

【右から、基礎地盤/岩崎社長、長大/永冶社長、エクイパルコ社/ロニー・ラグナダCOO、 ツインピーク社/高野社長、ブトゥアン商工会/オマー会頭(証人)】

ページトップ