ホーム  >   お知らせ  >  ニュース  >  パプアニューギニア国ニューブリテン国道橋梁架け替え計画案件の起工式開催

パプアニューギニア国ニューブリテン国道橋梁架け替え計画案件の起工式開催

2017年03月13日

 当社が2014年から業務に携わってまいりましたパプアニューギニア国のニューブリテン国道橋梁架け替え計画の建設が始まることになりました。それにあたり2017年3月6日に起工式が開催され、パプアニューギニア国からは西ニューブリテン州知事、及び公共事業省(Department of Works)次官がご参加されました。日本国からは特命全権大使、及びJICAパプアニューギニア事務所長がご参加されました。また、当社からは野本海外事業本部長らが参加しました。

 ニューブリテン国道橋梁架け替え計画では、日本国の無償資金協力によって西ニューブリテン州において2橋梁が建設されることになります。

 これら橋梁の完成により、西ニューブリテン州の経済改善、ひいてはパプアニューギニア国の発展に寄与することが期待されます。

■ニューブリテン国道橋梁架け替え計画案件の概要

1)実施機関:パプアニューギニア国公共事業省(Department of Works)
2)施工期間:2016年11月~2019年2月
3)施工業者:大日本土木株式会社
4)対象橋梁:
  ①アウム橋梁
   ・新設橋の橋梁形式:3径間連続鈑桁
   ・新設橋の橋長(支間割):137.30m(45.65m+46.00m+45.65m)
  ②カピウラ橋梁
   ・新設橋の橋梁形式:2径間連続鈑桁
   ・新設橋の橋長(支間割):76.00m(38.00m+38.00m)

 

 当社は本案件の準備調査(基本設計)、詳細設計、施工業者選定入札業務へ従事しており、今後も橋梁建設が完了するまで施工監理業務を行います。 

ステージからスピーチする州知事

鍬入れを行なう日本大使

ページトップ