ホーム  >   お知らせ  >  ニュース  >  順風路がAI活用に取り組む先進35社の1つとして書籍に取り上げられました

順風路がAI活用に取り組む先進35社の1つとして書籍に取り上げられました

2018年11月05日

 当社グループ会社の順風路が、AI活用に取り組む先進35社の1つとして、書籍「ディープラーニング活用の教科書」(日経クロストレンド編、日本ディープラーニング協会監修)に掲載されました。

 紹介された取り組みは、順風路と東京大学が共同開発したオンデマンド交通システム「コンビニクル」にAIを活用し、移動や気象情報などのデータで需要を予測し、効率よい車両の運行を目指すというものです。交通手段がサービスとして提供されるMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)の進展や都市部のマイクロトランジット(小規模旅客輸送)への活用も期待されています。

ページトップ