ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  構造分野  >  永宗大橋

永宗大橋

大韓民国

概要

韓国の玄関口、仁川国際空港とソウル市を結ぶ、橋長550mの3径間連続自碇式吊橋

 永宗大橋は、2002年日韓ワールドカップサッカーに向けて建設が行われ、仁川国際空港とソウル市内を結ぶ高速道路の一部として、空港が建設される永宗島と本土を結ぶ海上部分に建設されました。本橋は、金浦国際空港に代わり、国際ハブ空港を目指す仁川国際空港への重要な交通網として、KORAIL空港鉄道が通る道路・鉄道併用橋梁として計画され、韓国の経済発展へ繋がる役割を担っています。また、ソウルの玄関口を飾る橋梁として、デザインに伝統的な屋根をモチーフに取り込み、また、巨大なアンカレイジが無い自碇式吊橋形式が採用されています。

ページトップ