ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  構造分野  >  枯松沢橋

枯松沢橋

岩手県

概要

枯松沢川を横架する橋長310mの上路式鋼ローゼ橋

岩手県の遠野盆地と釜石を結ぶ一般国道283号仙人峠道路の枯松沢川に架かる、橋長310mの上路式鋼ローゼ橋です。道路橋における支間長での順位は、岩手県内で第2位(東北では第4位)であり、橋梁形式の上路式鋼ローゼ橋として、支間長200mは国内最大級です。橋桁は耐候性鋼材、床版は耐久性の高い合成床板を使用しています。

ページトップ