ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  構造分野  >  第二東名 富士川橋

第二東名 富士川橋

静岡県

概要

橋長 381.00m 、幅員 片側16.50m の鋼・コンクリート複合アーチ橋

富士川を1支間で跨ぐ、鋼・コンクリート複合アーチ橋で、アーチ支間265.00mは複合構造としてフランスのRANCE橋(アーチ支間261.00m)を凌ぐ世界最大のアーチ橋です。
 
複合アーチは軸力が支配的なアーチリブ、鉛直材にコンクリートを用い、曲げが支配的な補剛桁には鋼を用いた構造です。重量軽減・工費削減のため、アーチリブには高強度コンクリートを用いた外、架設にも工費削減に繁がる工法を採用しました。

ページトップ