ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  構造分野  >  地震動特性の解析

地震動特性の解析

-

概要

長大橋梁等の耐震設計に用いる入力地震動の作成や地盤応答解析による支援

兵庫県南部地震(1995年)以来、我が国では、地震観測網が急速に拡大しました。この観測記録を用いることにより断層の破壊仮定などを推測できるようになっています。
この技術によって、地震が発生した場合に、地震の特徴(震源特性)、地震が伝わる経路の特徴(伝播経路特性)、地盤の物理的な特徴(地盤増幅特性)を解析することで地震が発生し構造物にどのような影響を与えるかを推定することができます。当社では、長大橋梁等において、このような解析技術を用いて、耐震設計に用いる入力地震動の作成や地盤応答解析を行っています。

ページトップ