ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  構造分野  >  上路式鋼アーチ橋の耐震性能向上策の検討

上路式鋼アーチ橋の耐震性能向上策の検討

-

概要

上路式鋼アーチ橋の耐震性能向上策の検討

上路式鋼アーチ橋の耐震補強検討にあたっては,道路橋示方書に座屈関連規定が導入される以前に設計された橋梁では,アーチリブの座屈防止のために,アーチリブ全域へのコンクリートの充填やコンクリートの巻き立てというような新設橋の建設にも匹敵する大規模な耐震補強工事が必要になります。また,上路式や中路式の鋼アーチ橋の橋軸直角方向にレベル2地震動が作用すると,アーチ基部の支承に大きな負反力が生じることから,これに抵抗できる合理的な構造の検討が必要です。
最近では,免震支承やダンパーおよび座屈拘束ブレースのようなエネルギー吸収が可能となる制震装置を付加させることによって地震応答値を低下させ,主要な部材の補強設計量を可能な限り低減するという耐震補強検討を実施しています。

ページトップ