ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  道路分野  >  道路整備効果(プローブカーデータ)

道路整備効果(プローブカーデータ)

-

概要

プローブカーデータ等を用いたきめ細やかな整備効果の把握

GPS車載器を搭載した自動車(プローブカー)で道路を走行し、リアルタイムで取得される緯度経度データを分析することにより、道路上の交通流や交通行動の状況をきめ細かく知ることができます。
道路の整備前後のプローブカーデータを比較すれば、旅行速度の向上、定時性の改善といった道路の整備効果が実際にいつ・どこで発現しているか、時間帯や場所を具体的に捉えることができます。
整備効果の分析の一例として、プローブデータを基に1秒単位で速度データをプロットした3Dマップを作成しました。これを見ると信号待ち回数、渋滞長、交差点通過時間など道路利用者にわかりやすい指標を推定することができ、渋滞対策前後の比較により対策の効果を把握することができます。

ページトップ