ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  道路分野  >  VRによる道路構造の視覚化

VRによる道路構造の視覚化

-

概要

3次元CGのVRによる道路構造の視覚的検証

当社では、住民説明等の合意形成手段として、3次元CGのバーチャル・リアリティ
(VR:仮想現実)を利用することで道路構造を視覚的検証を実施しています。
 
■VR(バーチャルリアリティ)の特徴
・動きのある3次元空間をリアルタイムに表現でききます。
・航空写真や住宅等施設の現地写真取り込みにより、リアルな仮想空間を表現できます。
・鳥瞰、施設からの眺望、飛行シミュレーション、走行シミュレーションおよびドラインビングシミュレータ等あらゆる
シミュレーション、CGフォトモンタージュに対応が可能です。
 
■活用方法(事例)
(1)住民説明への活用
1.工区毎の概要説明、2.暫定・完成形の説明、3.高盛土構造、日照等住民協議箇所の視覚的表示
(2)関係機関協議への活用
1.構造物形式の比較・景観検討、2.交差点の交通シミュレーション、
3.路面標示、案内標識等の視認性確認
(3)広報資料への活用
1.動画を用いた広報用ビデオCDの作成、2.対話型(タッチパネル等)メディアの作成、
3.体感型(ドライビングシミュレータ)メディアの作成

ページトップ