ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  港湾・河川・水工分野  >  多目的ダムの施設活用検討

多目的ダムの施設活用検討

-

概要

ダムの利活用を推進し、地元自治体などと共に地域活性化を実現する施策を検討

ダム利活用による地域活性化に関わる調査・解析・計画
 
 ○○ダムは多目的ダムでもあり、地域の人々や○○ダムを訪れる人たちへ、身近な学習の場・憩いの場を提供し、地域の誇りとなるような環境の形成を目指し、様々な施設の整備を行っている。また、ダム周辺の美しい自然環境を地域に開放することで、ダムの利活用を推進し、地元自治体などと共に地域活性化も目指している。
 
 一方、ダム事業に対するイメージやっ○○ダムの立地条件などにより、ダム周辺施設・自然環境などが有効に利用されいないのが現状であり、以下に示すような課題についての対策が求められる事がある。
・ダム事業に対する負のイメージ
  →昨今のダム事業見直しなどにより、ダム自体に環境破壊の根元、無駄な公共事業などのイメージが定着してしまっている感が有る。
  →しかし、実際には治水・利水による地域の生活安定・防災機能により、地域の人々に貢献させて頂いていることを理解して頂くことが必要。
・ ○○ダムと地域の人々との距離
  →地域の人々にもっと活用して頂くためには、より魅力に溢れる環境を目指した整備や、今まで以上の広報活動などを行い、遊びに来たくなる○○ダムを目指す。
 
 地域の人々や○○ダムを訪れる人たちに、もっとダム周辺施設や自然環境を利活用して頂くために、今ある施設とその状況をもう一度見直し、より楽しんで頂くために以下のような基本理念・構想を検討した。

ページトップ