ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  環境分野  >  新型遮音壁の開発・計画・設計

新型遮音壁の開発・計画・設計

-

概要

騒音低減効果の高い新型遮音壁の開発・計画・設計

新事業の取り組みとして、近年の都市環境問題の解決と建設事業のコスト縮減を目的とし、様々な研究開発を行ってまいりました。その中で、高速道路などで全延長100km以上の納入実績のある日本ガイシ株式会社と北海道大学大学院 工学研究院 長谷部准教授との産学連携により「ハチノス型遮音壁」の共同開発を行い、製品化へ至りました。(建設技術審査証明 土木系材料・製品・技術(建技審証 第0419号)成17年1月14日)。
 
従来の遮音壁に比べて高さが同等で、走行景観上ドライバーに対して違和感を与えることの無く、騒音低減効果の高い新型遮音壁の開発を行うことが可能です。また、この他に地域の特性に合わせた新型遮音壁の選定、開発・計画・設計の技術支援を行います。

ページトップ