ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  環境分野  >  猛禽類のモニタリング画像解析

猛禽類のモニタリング画像解析

-

概要

モニタリング画像による騒音・振動に対する猛禽類の挙動解析

生態系や動植物への保全対策が求められる中、食物連鎖の頂点とされる猛禽類への配慮が重要とされています。そのため、工事などの開発行為が猛禽類の生息圏で実施される際、開発行為による繁殖への影響の解明が必要となります。そこで、CCDカメラによる猛禽類の巣内の撮影を行い、猛禽類のモニタリング画像解析をすることにより、工事期間中の騒音・振動に対する猛禽類の挙動や営巣放棄に結びつく情報の解析を行います。

ページトップ