ホーム  >   業務案内  >  環境・新エネルギー  >  エコプロダクツ分野  >  コンクリート型枠廃材を循環型資材にする『型枠リユースシステム』

コンクリート型枠廃材を循環型資材にする『型枠リユースシステム』

-

概要

必要な時、必要なだけ・・・ これからの型枠、「新しいかたち」

型枠リユースシステムとは、「必要な時に必要なだけの型枠をレンタルする」新しい型枠のシステムです。
今までのように資材を購入し現場で加工するのではなく、お客様の現場に合わせた加工済みの型枠パネル(もしくは堰板のみ)を納品します。作業後は型枠パネル(もしくは堰板)を回収しますので、加工時の無駄な端材やゴミが発生せず、現場でのゼロエミッションが実現できます。
 
リユースシステムの型枠パネルは、補強材(パネル材)に間伐材桟木を、堰板(ボード)にリユースボード「型丸」(NETIS登録番号:KT-110076-V)を使用しています。ご要望の形状に加工した型枠パネルを現場へ納品いたします。この型枠パネルには上記のような砂目地防止加工を行なっていますので、補修手間を軽減することができます。
リユースボード「型丸」は当社の開発した3R可能な堰板で、型枠パネルのレンタルだけでなく、「型丸」のレンタルも行なっています。
 
<お問合せ先>
エコプロダクツ事業部
TEL 03-3639-3306

ページトップ