ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  まちづくり分野  >  浜松医科大学臨床講義棟改修

浜松医科大学臨床講義棟改修

静岡県

概要

浜松医科大学臨床講義棟改修設計業務

1.所在地:静岡県浜松市
 
2.用途:大学
 
3.構造・規模:RC造・地上3階
 
4.延床面積:1,383㎡
 
5.竣工:H26年2月
 
6.掲載・受賞暦:なし
 
 築35年以上が経過し建築・設備両ハードの性能面での劣化と臨床講義のあり方(ソフト面)が変化した臨床講義棟の全面改修設計。1階の保健管理センターは健康診断等の業務を行い易いよう機能向上と動線計画とした。3階の大講義室は急勾配な階段教室に上げ床を作り、緩やかな勾配の講義室に改修した。内装は木目調の素材を採用することで落ち着きのある格調高い空間に仕上げ、座席は217席を確保し、講義のほか講演会や学会の会場としての利用も可能とした。

ページトップ