ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  港湾・河川・水工分野  >  堀切橋下流左岸地区外河岸設計

堀切橋下流左岸地区外河岸設計

東京都

概要

消波施設、緩傾斜河岸の詳細設計

 荒川の堀切橋付近の消波施設、緩傾斜河岸の詳細設計を行いました。河岸の構造は、植生付ネット布団カゴ工法を選定し、消波施設は景観性に優れる木工沈床工を採用しました。
 荒川は、船舶が航行する際に発生する波により河岸の侵食・減退が進行しており、ヨシ原基盤の土壌の流出が見られたため、ヨシ原復元を目的とした緩傾斜河岸の設計を実施しました。ヨシの地下茎が活着しやすいネット布団カゴを設置し、現場で採取したヨシの地下茎を混合させた客土を撒き出す工法としました。水際部についてはあらかじめヨシを育成させたマット状の植物苗を布団カゴに併用する植生付ネット布団カゴ工法を採用しました。

ページトップ