ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  情報・電気通信分野  >  ETC2.0プローブ等交通ビックデータを活用した、交通実態の分析等

ETC2.0プローブ等交通ビックデータを活用した、交通実態の分析等

-

概要

ETC2.0プローブ等交通ビックデータを活用した、地域経済の発展を見据えた活用方策を提案

 国土交通省では「道路を賢く使う取組」として、継続的な交通モニタリングと情報提供が一元的に可能な“ETC2.0”を活用し、動的ネットワークマネジメントを実現することを目指しております。
 
 当社では、上記取組を踏まえ、ETC2.0プローブデータ等の交通ビックデータを活用し、地域交通課題の見える化、新たな道路施策の評価指標の構築、道路情報提供を含む道路管理の高度化等、地域経済の発展を見据えた活用方策の調査研究に取組んでいます。

ページトップ