ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  港湾・河川・水工分野  >  大井川港津波対策基本計画

大井川港津波対策基本計画

静岡県

概要

津波シミュレーションの検討および津波防潮堤の基本設計

 東北地方太平洋沖地震を受けて、港湾施設は施設を整備するために決められた発生頻度が高い津波(レベル1津波)に対するハード整備を行う必要があります。津波に対する防潮堤の設置位置および構造の検討を実施し津波対策の基本計画を作成しました。
 防潮堤の整備効果を確認するため、レベル1津波だけでなく、最大レベルの波源を対象としたレベル2津波の津波シミュレーションを実施しました。港内外の防潮堤の天端高を変えた組み合わせを設定し、レベル1津波およびレベル2津波に対して施設配置を検討しました。また、基礎地盤の液状化のおそれがあったため、比較構造案を抽出し、各構造形式に対して安定性の照査を実施しました。

ページトップ