ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  情報・電気通信分野  >  津波対策用の電気通信設備の検討

津波対策用の電気通信設備の検討

-

概要

津波浸水時における監視・情報提供システムの検討

 南海沖地震等の大規模地震実施発生時は、海岸沿岸地区では津波による被害が想定されるため、津波発生時には、短時間で住民に対して、避難勧告の通知を行い、適切に避難誘導することが求められます。  
 
 当社では、津波発生時に有効な電気通信設備の検討を行いました。
 
【住民への津波情報の提供】
 
 津波浸水想定区域には、津波情報表示板を整備します。
 
 全国瞬時警報システム(J-ALERT)からの地震情報を元に津波情報表示板に警報表示を行います。
 
【津波浸水を配慮した監視カメラ設備の構築】
 
 地域の津波浸水深及び停電、通信断になることを考慮して監視カメラを整備します。
 
 自治体や道路管理者は津波発生時における道路浸水状況や周辺住民の避難状況を監視カメラを通して避難状況を確認しながら、適切な避難誘導を行うことにより、人的被害を最小限に抑えます。
 
【津波浸水時における夜間照明の確保】
 
 通常の道路照明灯では、浸水により電気回路が故障し照明断になるため、
 
津波浸水想定区域では、浸水対策を施した道路照明を整備します。

ページトップ