ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  情報・電気通信分野  >  VR(バーチャル・リアリティ)を用いた道路付帯設備の設置シミュレーション

VR(バーチャル・リアリティ)を用いた道路付帯設備の設置シミュレーション

-

概要

監視カメラ、道路情報板等の設置位置をVR(バーチャル・リアリティ)を用いて検証

 道路管理を目的として、道路凍結やひび割れ等を監視するための監視カメラや通行止め・気象情報を利用者に知らせるための道路情報板等が道路に整備されています。
 
 当社では、未供用の道路に監視カメラや道路情報板等を設計する場合、設置場所や視認性の妥当性をVR(バーチャル・リアリティ)を用いて検証しています。
 

ページトップ