ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  鉄道橋梁リハビリ事業コンサルティング

鉄道橋梁リハビリ事業コンサルティング

ベトナム国

概要

南北鉄道線の軌道リハビリ、19橋梁の架け替え、踏切や信号・通信システム等関連施設の建設と設置

 本プロジェクトは、老朽化した19の鉄道橋梁を新しい鋼製桁に架け替えるとともに、踏切やボックスカルバート、信号・通信システムを含む関連施設の建設や設置を行うものです。本プロジェクトの目的は、1)早急に適切な対策を施さなければ列車走行に危険をもたらす老朽化した橋梁を架け替え、補強することにより安全で信頼できる列車運行を提供すること、2)将来の軸重の増加に耐え得るよう橋梁を補強すること、3)現存する列車速度を制限する原因を取り除くことにより乗車時間を縮減し定時運行を実現することです。

 発注者はベトナム鉄道で、1994年から2005年にかけて実施されました。コンサルティング業務のスコープは、実現可能性調査(Feasibility Study)、詳細設計、入札補助及び施工監理でした。

ページトップ