ホーム  >   業務案内  >   発表論文

発表論文

論文タイトル 社内執筆者 発表先 発表年月
気仙大橋におけるフェアリング設置による津波減災効果 虻川 高宏 鋼構造年次論文報告集 第21巻 2013年11月
Development of Biotoilet in Vietnam Using Biochar as Microorganisms Media 澤田 義麿、内田 篤志 ECOMATERIALS CONFERENCE & EXHIBITION 2013 2013年11月
耐震設計に用いる地震応答値を算定するための動的解析の検証 矢部 正明 橋梁と基礎,Vol.47,No.10,pp.37-42,2013.10 2013年10月
加古川中央JCT事業におけるコンストラクション・マネジメント業務について 大崎 健 平成25年度 建設コンサルタント 2013年09月
土木遺産に絡む「筑後川橋梁の橋梁計画」と「地域との合意形成」 塩尻 恭士、元山 寿 平成25年度土木学会全国大会 2013年09月
動的解析の基本と課題 矢部 正明 橋梁と基礎,Vol.47,No.9,pp.39-42,2013.9 2013年09月
杭軸方向ばねのモデル化が杭基礎の挙動に及ぼす影響 鍋島 信幸、高橋 雅裕 平成25年度 土木学会全国大会 2013年09月
ベトナムにおける衝撃載荷試験による杭の支持力評価 片山 啓 「基礎工」8月号 2013年08月
首都高速道路南太田高架橋における強震記録による地震応答解析 塚本 英子、佐藤 崇 橋梁と基礎 平成25年8月号 2013 vol.47 2013年08月
2011年東北地方太平洋沖地震における横浜ベイブリッジの応答 矢部 正明 土木学会論文集A(構造・地震工学),Vol.69,No.2,pp.372-391 2013年08月
A Manual of Countermeasure for Fatigue Failure in Steel Girder Bridges 山岡 大輔、福永 昭彦、丸山 武士 The 9th Japan-Korea Joint Seminar on Bridge Maintenance July 24-27,2013 2013年07月
Introduction of Plan of New Bridges Considered with Maintenance 設楽 伸夫、田中 剛 The 9th Japan-Korea Joint Seminar on Bridge Maintenance July 24-27,2013 2013年07月
洲浜橋(斜張橋)の動的解析による2013年淡路島地震における応答評価 矢部 正明 第16回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集 2013年07月
東日本大震災に関する特別委員会報告書,第三編構造設計に関わる調査結果と今後の対策,第一部鉄道・道路構造物,4.1被害調査実施体制と実施概要,5.5地震被害の調査体制 矢部 正明 日本コンクリート工学会:東日本大震災に関する特別委員会報告書2013年3月 2013年07月
移植した植物の生育モニタリング 活着率に係わる要因解明の試み 安木 進也 野生生物と交通 2013年02月
野生生物と交通に関する論文の傾向 浅利 裕伸 「野生生物と交通」研究発表会 2013年01月
長周期・長時間地震動-道路橋の応答と対策 矢部 正明 JSSC,No.11,2012年秋季号,2012.10 2012年11月
自然資源とレクリエーション資源を考慮した自然公園のゾーニング手法の検討 富所 康子 Landscape Research Japan Online Vol. 5 (2012) 2012年10月
鋼鈑桁の主桁腹板に生じた疲労き裂の進展要因分析 丸山 武士、福永 昭彦、山岡 大輔 平成24年度土木学会全国大会 第67回年次学術講演会 2012年09月
長大の海外事業推進戦略と新ビジネス開発体制 宗広 裕司 JPI日本計画研究所 第11746回 JPI特別セミナー 2012年09月

ページトップ