ホーム  >   業務案内  >   発表論文

発表論文

論文タイトル 社内執筆者 発表先 発表年月
昭和34年に建設したポステンT桁橋の災害復旧 - 錦橋 - 松本 貴昭 「土木施工」2011年10月号 2011年09月
動的支持力による杭の支持力評価 片山 啓 第46回地盤工学研究発表会 2011年07月
往復分離2車線自専道の速度性能曲線の定式化 内海 泰輔 土木学会論文集D3, Vol.67, No.3, pp.261-269 2011年07月
海外で求められる日本の長大橋梁設計技術 工藤 浩 道路6月号Vol.843 2011年06月
A utility-based evaluation method on the perceived quality of traffic service 河内 朗 6th International Symposium on Highway Capasity and Quality of Service World Congress 2011年06月
Fatigue crack propagation analysis for welded joint subjected to bending 白 彬 International Journal of Fatigue, vol.33, issue5 (2011.5) 2011年05月
ドライバーの認識構造を踏まえたサービス指標の選定 河内 朗 第43回 土木計画学研究発表会 2011年05月
性能照査型道路計画設計における設計交通量の考え方 内海 泰輔 土木計画学研究・講演集 2011年05月
実車走行実験に基づくラウンドアバウトと信号交差点のCO2排出量の比較分析 米山 喜之 共著:吉岡 慶祐 第43回土木計画学研究発表会 2011年05月
Safety analysis towards introducing roundabouts in Japan 米山 喜之 TRB 3rd International Conference On Roundabout,Carmel,Indiana May17-20,2011 2011年05月
(株)長大におけるPPP/PFIへの取組 宮崎 圭生 JACIC情報101号 2011年05月
生名橋のRC主搭の設計 田中 剛 第66回年次学術講演会 2011年04月
AN ACTUAL RESULT OF STRUCTURAL HEALTH MONITORING SYSTEM FOR A LONG SPAN CABLE-STAYED BRIDGE 高上 顕 Cambodia-Japan Joint Seminar on Bridge Engineering, 30 March 2011, in Phnom Penh Under the Auspices of MPWT, JSCE and JICA 2011年03月
AN ACTUAL RESULT OF STRUCTURAL HEALTH MONITORING SYSTEM FOR A LONG SPAN CABLE-STAYED BRIDGE 高上 顕 Cambodia-Japan Joint Seminar on Bridge Engineering, 30 March 2011, in Phnom Penh Under the Auspices of MPWT, JSCE and JICA 2011年03月
PPP最新事情:伊吹山ドライブウェイ事業への参入 ―拡大するPPP市場を見据えたインフラ運営事業の橋頭堡として― 加藤 聡 月刊土木技術  2011年2月号 2011年02月
伊吹山ドライブウェイ事業への参入―PPP/PFI市場の拡大を見据えた橋頭堡― 加藤 聡 道路建設 平成23年 1月号(No.723) 2011年01月
PPP/PFIを見据えた民間企業による道路管理運営事例 - 伊吹山ドライブウェイ 加藤 聡 道路建設 平成23年 1月号(No.723) 2011年01月
温泉腐食環境下における「(仮称)丸尾の滝橋」の設計と施工 西村 一朗 第19回 プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム 2010年10月
温泉腐食環境下における「(仮称)丸尾の滝橋」の設計と施工 山田 康貴 第19回 プレストレストコンクリートの発展 に関するシンポジウム 2010年10月
地震時の性能制約を考慮した橋梁システムの最小建設費設計 田中 賢太 平成22年度土木学会全国大会 2010年09月

ページトップ