ホーム  >   業務案内  >   発表論文

発表論文

論文タイトル 社内執筆者 発表先 発表年月
エゾモモンガの妊娠雌および哺育雌による滑空 浅利 裕伸 ANIMATE 2011年12月
求愛造巣期および抱卵期におけるオオタカの鳴き声と繁殖確認への応用 浅利 裕伸 ANIMATE 2011年12月
無信号交差点における車両接近情報の有効性に関する研究 宗広 裕司 モバイル学会誌Vol.1(創刊号) 2011年11月
Pile bearing capacity evaluation by dynamic bearing capacity 片山 啓 GEOTEC HANOI 2011 Conference 2011年11月
水温の変化はニホンザリガニの生息に影響を与える 浅利 裕伸 第17回野生生物保護学会大会 2011年10月
地点レベルのサービスの質の空間的分布特性に関する研究 河内 朗 第31回交通工学研究発表会 2011年09月
運転環境の質に対するドライバーの認識・評価の集計構造モデル 河内 朗 第31回交通工学研究発表会 2011年09月
首都高速道路での新たな情報提供サービスに関する簡易DS実験 佐々木 卓 第31回交通工学研究発表会 2011年09月
レベル2地震時の杭基礎の降伏をも考慮した橋梁システムの最小建設費設計 田中 賢太 平成23年度土木学会全国大会 第66回年次学術講演会 2011年09月
昭和34年に建設したポステンT桁橋の災害復旧 - 錦橋 - 松本 貴昭 「土木施工」2011年10月号 2011年09月
動的支持力による杭の支持力評価 片山 啓 第46回地盤工学研究発表会 2011年07月
往復分離2車線自専道の速度性能曲線の定式化 内海 泰輔 土木学会論文集D3, Vol.67, No.3, pp.261-269 2011年07月
海外で求められる日本の長大橋梁設計技術 工藤 浩 道路6月号Vol.843 2011年06月
A utility-based evaluation method on the perceived quality of traffic service 河内 朗 6th International Symposium on Highway Capasity and Quality of Service World Congress 2011年06月
Fatigue crack propagation analysis for welded joint subjected to bending 白 彬 International Journal of Fatigue, vol.33, issue5 (2011.5) 2011年05月
ドライバーの認識構造を踏まえたサービス指標の選定 河内 朗 第43回 土木計画学研究発表会 2011年05月
性能照査型道路計画設計における設計交通量の考え方 内海 泰輔 土木計画学研究・講演集 2011年05月
実車走行実験に基づくラウンドアバウトと信号交差点のCO2排出量の比較分析 米山 喜之 共著:吉岡 慶祐 第43回土木計画学研究発表会 2011年05月
Safety analysis towards introducing roundabouts in Japan 米山 喜之 TRB 3rd International Conference On Roundabout,Carmel,Indiana May17-20,2011 2011年05月
(株)長大におけるPPP/PFIへの取組 宮崎 圭生 JACIC情報101号 2011年05月

ページトップ