ホーム  >   採用情報  >  働く環境

働く環境

-新しい時代に沿った働き方ができる企業へ-

長大では、社員の属性の違いや働く条件の違いを受け入れるダイバーシティやワークライフバランスの取り組みを本格的に推進し、男女差や年齢差にとらわれない企業、社会の実現を目指しています。

50周年を迎え、今後は福利厚生の充実と多様な働き方を選択できる制度の運用を通じて働き方の改革を着実に進め、個人と組織のマネジメント強化、ICTを駆使した社内技術ナレッジの蓄積、共有により、一層の業務効率化を進めてまいります。

ワークライフバランス

多様な働き方支援

社員一人ひとりが安心して仕事を続けることができ、さらなる活躍をサポートするために、ライフイベント毎に利用できる制度を整備・拡充しています。

仕事と育児の両立支援制度

  • 育児休業制度 1歳(最長2歳)まで休業
  • 育児時間の取得 1日2回、各30分申請
  • 短時間勤務制度 1日の就業時間を5.5時間、6時間、6.5時間、7時間の中から選択
  • 時差出勤制度 始業時刻を午前8時~午前10時までの間で調整
  • 有給休暇積立制度 最大10日分
  • 育児復帰支援プログラム
  • 再雇用制度 出産や育児等の理由で円満退社した正社員を対象に、キャリアを活かして再度長大で活躍できるフィールドを提供

ライフイベントに関わらず利用できる制度

  • 有給休暇取得制度 年次有給休暇の5日(40時間)分を1時間単位で利用可能
  • 地域限定就業 育児、介護、疾病、配偶者の転勤等のやむを得ない理由等により、勤務地を選択
  • 在宅勤務 育児、介護、長期の傷病等による、やむを得ない理由で出勤が困難な場合に活用

働き方相談窓口の設置

ライフイベントに応じた多様な働き方について相談できる専門窓口を設置しています。

事業所内保育所

育児に直面した社員が安心して働ける環境を整備するため、近隣の同業他社と共同して事業所内保育所を設置、運営しています。

くるみんマークの取得

2017年12月、東京労働局から「子育てサポート企業」として「くるみん認定」を取得しました。

「次世代育成支援対策推進法」に基づく「くるみん認定」の認定基準を満たし、第4期行動計画(2015年4月1日から2017年9月30日)の達成が評価され、認定を取得したものです。

今後とも働き方改革を通して、出産や子どもを育てる社員が仕事と育児の両立を実現できる職場環境づくりを推進していきます。


くるみん認定マーク

ライフスタイル・ハンドブック

社員の意識改革や制度の浸透を促すために、ライフスタイル、ライフステージに応じた制度選択のヒントや利用できる制度などを紹介した「ライフスタイル・ハンドブック」を制作しました。

ライフスタイル・ハンドブック(リールレット)は、こちら(PDF)からご覧ください。


ライフスタイル・ハンドブック

※クリックすると拡大します

長時間労働の改善

長時間労働解消への取組み

世の中の流れを受けて、会社もあらゆる観点で課題・問題を抽出し、その改善のために取り組んでいます。

ITシステムによる就労管理で長時間労働の解消を徹底

自動PC電源停止システムによる時間外労働管理で、時間に対する意識改善と健康管理を図っています。

ノー残業デーの継続実施

建設コンサルタント業界をあげてノー残業デーを実施、その実施状況を調査・報告し、時間削減の意識を共有しています。

生産効率向上手当の支給

社員があらかじめ部門毎に設定した目標時間内に残業時間を抑制した場合、生産効率向上手当を支給します。時間ではなく成果によって従来と同じ報酬を得られる仕組みです。

ダイバーシティ

女性の活躍促進

女性が継続的に勤務し、活躍するためには、仕事と家庭・プライベートの両立ができる支援環境整備や職場風土づくりが必要です。
長大は女性をはじめとした、全ての社員が十分に能力を発揮できる環境づくりに取組んでいます。

職場風土づくり

  • 女性社員同士の交流ネットワーク(7Cプロジェクト)を構築し、問題抽出や意識共有を図っています。
  • 管理職を対象に教育研修を実施し、女性活躍推進の理解を深めています。

女性社員交流会集合写真

〔女性社員交流会集合写真〕

ページトップ