人・夢・技術 株式会社長大

長大の事業

コンサルティングして終わるのではなく、コンサルティングから始める

上水供給コンセッション事業

サービスプロバイダーとして参画する水ビジネス

 フィリピン国ミンダナオ島ブトゥアン市において、市の水道公社に、最大8万㎥/日の上水を供給する上水供給コンセッション事業が、2013年から開発着手されていました。この事業は、民間企業による任意提案によって組成され、フィリピン国地方都市で初めてのPPPによる上水供給事業です。当社は、2014年に5%の出資を行い、同事業に参画しています。

 2017年には、約15mの取水堰、400mの日本製の基幹導水路やバルブ、3万㎥/日の浄水処理プラントを完工し、上水供給を開始しました。

 この事業の供用前は、既存の浄水プラントが、特に雨季の高濁度原水を処理しきれないために、頻繁に断水が発生していました。このため、不安定な上水供給に頼らず、水質の悪い井戸が利用されていました。

 この事業の供用後は、上水供給が安定化した結果、利便性が高まり、水需要が計画以上のスピードで増加しました。このため、供用していた3万㎥/日の浄水処理プラントでは供給量不足となり、浄水能力を拡大する追加5万㎥/日の浄水処理プラント整備が急務となりました。

 このため、当社が提案幹事会社となり、経済産業省の事業可能性調査を受託(2017年度)し、本邦企業による浄水プラント提案を取りまとめ、2018年に調達契約を締結しました。現在、このプラント増設工事中を進めています。

 

 上水供給におけるPPP事業に、事業者として参画している取り組みで、日本国企業では極めて稀な取り組みでもあります。初期投資を伴う取水堰や浄水プラントの整備を民間が担い、長期にわたるサービス提供の対価により、初期投資を回収する事業です。適切に処理をした水を安定的に供給することで地域の生活を支えます。