ホーム  >   お知らせ  >  ニュース  >  現地レポート 「ベトナム国 "ビン橋" 開通式」

現地レポート 「ベトナム国 "ビン橋" 開通式」

2005年05月13日

2005年5月13日に、弊社がメイン・コンサルタントとして関わった「ビン橋」の開通式が行われました。 

開通の5月13日はハイフォン市創立50周年記念日であり、ベトナムが植民地支配していたフランスに勝利し、フランスがベトナムから撤退を完了した日です。ベトナムにとっては非常に重要な記念日に合わせた開通となりました。
 
開通式の日は、天候に恵まれ非常に暑い日になりましたが、チャン・ドゥック・ルオン国家主席や日本大使等の列席のもと、地域住民多数が参加し盛大に執り行われました。ビン橋に対する期待の高さがうかがわれました。
弊社は、メイン・コンサルタントとして設計(見直し及び追加詳細設計)から発注補助、施工監理までを行いました。弊社のこれまでの多くの経験と高い技術力を本プロジェクトに注ぎ、発注者から高い評価を得ました。
 
■ ビン橋プロジェクトの概要
ビン橋は首都ハノイから約100km東にある港町ハイフォン市(ベトナムで3番目に大きい都市)の北側を流れるカム川に架けられています。橋の全長は1,280mで100+260+100mの斜張橋が含まれており、桁の形式は1280m全て連続のコンクリート鋼合成桁の構造です。また、このプロジェクトには橋の建設だけではなく、料金所及び事務所のビル建設も含まれています。

ビン橋全景

テープカット前の橋上の状況

テープカット

ページトップ