ホーム  >   お知らせ  >  CSR  >  NPO法人のNVNAD主催の「親子でわがまち探検隊」に参加しました

NPO法人のNVNAD主催の「親子でわがまち探検隊」に参加しました

2007年03月04日

NPO法人のNVNAD(Nippon Volunteer Network Active in Disaster:日本災害救援ボランティアネットワーク)主催の防災イベントが3月18日(日)に西宮市高木公園で行われました。この地区は阪神淡路大震災で被災し、多くの家屋が倒壊した経験があり、それを契機に住民が中心となったまちづくりを行い,、見事に復興を遂げました。「親子でわがまち探検隊」の活動は復興した高木のまちを歩いて、防災のことを考え、高木公園に隠されている防災の機能を体験することが目的です。今回は高木小学校の生徒と保護者、まちづくり協議会のみなさん、大学のボランティアスタッフなど、総勢80名が参加されました。

 
弊社は「かんたん湯沸し器Pot」を使って、火を使えない場所で食料を温めるデモンストレーションを行いました。実際に震災を経験されているためか、質問は多岐にわたりました。また、実際に地震を経験され避難所生活をされた方もおられ、「あの時これがあった・・・・」との言葉も聞かれました。避難所では火は使えず非常にご苦労されたようで、身近な食品が使えることに非常に興味を持たれたのが印象的でした。 
 
当社では、これからもこのような活動を通じて防災活動への支援を続けてまいります。

デモンストレ?ションを開始。子供たちも興味深々です。

発熱剤を使い市販されている耐熱容器を使って食品を温めています

レトルト食品等が温まるのを見て、「すごい!!」

ページトップ