ホーム  >   お知らせ  >  ニュース  >  箱根西麓・三島大吊橋 地鎮祭

箱根西麓・三島大吊橋 地鎮祭

2012年04月17日

 

静岡県東部で遊技施設などを経営する株式会社フジコー(静岡県三島市:宮澤俊二社長)が建設計画した「箱根西麓・三島大吊橋」の造成工事の地鎮祭が、平成24年4月17日、建設予定地の静岡県三島市笹原新田にて執り行われました。地鎮祭には、豊岡武士三島市長・宮澤正美静岡県議会議員をはじめ80名を超える関係者が出席され、当社からは永冶社長をはじめ4名が出席しました。
 
本橋梁は支間長400m、幅員1.6m、高さ73mの人道吊橋(形式:単径間無補剛吊橋)で、富士山や駿河湾が一望でき、完成供用は2015年12月を予定しています。完成すると現時点で日本の人道吊橋で最長の「九重夢大吊橋(大分県:支間長390m)」を抜き、日本一の人道大吊橋となります。
当社は、本橋梁の概略設計および耐風検討、景観検討、詳細設計を担当しています。

鍬入之儀

主賓者で記念撮影

ページトップ