ホーム  >   お知らせ  >  ご案内  >  「心と身体の健康プログラム」を導入しました

「心と身体の健康プログラム」を導入しました

2013年06月21日

 当社では、心の病(うつ病・不安症)発症の予防および労働安全衛生法改正の動き(メンタルチェックの義務化)に対応するために、6月から「心と身体の健康プログラム」を導入しました。当初は本社および東京支社の社員を対象に試行導入し、順次全社に展開する予定です。

 近年労働者の受けるストレスは拡大傾向にあり、より積極的に心の健康の保持増進を図ることは、労働者とその家族の幸せはもとより、企業、我が国の健全な発展という観点からも非常に重要な課題となっています。うがいや手洗いをしていれば風邪を予防できるように、心の健康についてもかかる前にケアすることが大事です。

 この度導入したプログラムは、千葉大学大学院医学研究院・清水栄司教授の監修のもと「セルフヘルプ・認知行動療法」に基づいて開発されたものです。Webを活用したシステムで各自のパソコンからメンタルヘルスチェックやメンタルトレーニングを1日数分で実施することができます。システムの開発にはグループ会社の順風路株式会社が携わっています。

ページトップ