ホーム  >   お知らせ  >  ニュース  >  インドネシア国小水力発電事業会社等と合弁契約を締結

インドネシア国小水力発電事業会社等と合弁契約を締結

2016年04月11日

 当社は、インドネシア共和国ジャカルタ市に本社を置く小水力発電事業会社であるブミ・インベスコ・エネジー社(PT. Bumi Investco Energi)、日本国内及び東南アジアを中心にエネルギー事業の開発・企画・投資を支援するアラムポート㈱(本社:東京都文京区)の三者間で、ITシステムを活用した発電所の維持管理運営(O&M: Operation & Maintenance)サポート事業を共同で推進することを合意し、インドネシアに合弁会社(以下「新会社」)を設立する合弁契約を3月14日に締結致しました。
 約2.5億人の人口を抱え、人口増加及び経済成長により電力需要が旺盛なインドネシアでは、積極的な固定価格買取制度(Feed-In-Tariff)の活用により、小水力発電事業への民間参入を奨励しており、多くの企業が同発電事業へ参入しております。新会社では、そうした発電所に向けてクラウド型O&M情報システムを導入し、発電所のデータ収集、遠隔からのモニタリング、データ解析及びそれに基づく助言、レポーティングを中心とするO&Mマネジメント業務を提供し、発電所が持つ潜在的な発生電力量を最大値まで高めることで、インドネシアの各地域のエネルギー効率化に貢献して参ります。

左から、長大/井戸取締役、アラムポート社/小谷社長、 BIE 社/リザ社長

ページトップ