ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  構造分野  >  スエズ運河橋

スエズ運河橋

エジプト・アラブ共和国

概要

地中海に面するスエズ運河の港より45kmほど南に位置した、シナイ半島とエジプト本土を結ぶ橋

架橋は4車線道路として橋梁部分4kmと道路部分5kmで構成されており、長大では運河を跨ぐ斜長橋と取付高架橋を含む2km区間の施工監理を実施しました。主橋梁の形式は鋼箱桁斜長橋で、中央支間404m、橋長730m、主塔2基、補助橋脚4基からなります。
 
運河水面から橋桁までの高さは70mで、平地に架かる橋の中では世界一の高さであり、杭基礎上の高さは154mとなります。

ページトップ