ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  構造分野  >  ワイヤー移動式汎用橋梁点検ロボット「ARANEUS」による目視点検支援システム

ワイヤー移動式汎用橋梁点検ロボット「ARANEUS」による目視点検支援システム

-

概要

橋梁点検ロボットの提案

近年、橋梁の長寿命化のために点検・検査業務の効率化・省力化・経済性向上に貢献できる点検ロボットの開発が期待されています。
橋梁の下には、河川だけではなく車道が存在しており、第三者被害を防止するためにも、ロボットの「落下」は許されません。そこで、本システムでは、ワイヤー移動式の橋梁点検ロボットを提案しています。本方式を適用することで大きなペイロードを確保し、高精度なセンサ・カメラを搭載することを可能にしています。
[特徴]
・ 最低人数2名程度で検査業務の実施が可能
・ 最大ペイロードを活かし重いセンサ・カメラ(高精度)を搭載可能
・ 8本のワイヤで橋梁に固定しているため,電源を喪失しても落下せず,フェイルセーフを確保
・ ロボットアームを取り付けることによって打音・洗浄・簡易修繕等多様な検査業務に展開可能
 

ページトップ