ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  環境分野  >  リアルタイム工事監視システム

リアルタイム工事監視システム

-

概要

測定値、予測技術を応用した推定値等をリアルタイムに表示

工事の実施による周辺への騒音・振動の影響をリアルタイムに表示するシステムです。
現地に設置した騒音計・振動計で得られた測定値を表示する他、予測技術を応用し推定値を算出(特許出願中:特願2003-430831)し、表示できます。推定値の算出により、任意点での影響だけでなく、面的な影響把握が可能です。騒音レベル等の状況をリアルタイムに把握することにより、「うるさい!」「ゆれる!」等の苦情がでる前に一部の工事を中断する等の対応が迅速に行えます。
また、建設機械に設置したGPSを利用し、指定時間以外に建設機械が移動した場合、管理者へ通知メールを送信する盗難防止機能をも有しています。

ページトップ