ホーム  >   業務案内  >  国土基盤整備・保全  >  環境分野  >  サクラマス産卵環境保全のための魚道整備効果検証

サクラマス産卵環境保全のための魚道整備効果検証

-

概要

ダム機能とその周辺に生息・生育する動植物との共存に資する環境影響評価

・ダム建設によって分断された河川における魚類の生息環境改善を目的に、ダム下流河川と上流河川を直接つなぐバイパス形式の魚道が整備されました。本業務では、採捕調査および産卵床調査、魚道遡上調査等を実施し、魚道整備による魚類の生息環境改善効果を検証しました。
 
・魚類の生息環境の改善効果を検証するため、生態系上位種・水産有用種であるサクラマスに着目しました。「サクラマス幼魚生息密度」や「産卵床数や産卵床の客観的健全性評価」等の調査結果を経年的に比較し、ダム周辺地域におけるサクラマスの生息・産卵状況の変化を検証しました。検証により、魚道整備によって、サクラマスの生息環境が改善されていることが明らかになりました。
 
・今後も、経年的なデータの蓄積及び種々の要因に着目した分析により、サクラマスをはじめとする遡上型の魚類の保全とダム事業の円滑な推進との共存に努めてまいります。

ページトップ