人・夢・技術 株式会社長大
長大のCSR

すべての人が豊かで輝く未来を目指して

CSV

長大は企業市民の一員として、これまで企業の社会的な責任を果たすべくCSR(Corporate Social Responsibility)に取り組んできました。一方で、企業経営においては、社会や環境を意識した経営戦略こそが中長期的な企業価値向上につながるとも言われています。こうした中で、ハーバード大学のマイケル・ポーター教授は、2011年に経済的価値と社会的価値の双方を追求する活動こそが企業経営の本質だとして、CSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)を提唱しました。すでに多くのグローバル企業で取り入れられており、「より良い社会を実現する」という理想を掲げる長大でも、新たな価値創造に向け、その取り組みを推進していきます。

フィリピンでの地域開発事業とCSV

長大は成長著しいフィリピンのミンダナオ島、カラガ地域で民間主導型PPPによる地域開発事業を行っています。発電や上水供給といった基礎インフラの整備に始まり、最終的には道路整備や港湾拡張事業までを手がける長期的なプロジェクトで、産業を興し、工業団地を整備して雇用を創出することで、地域の経済発展に貢献します。長大は継続的に開発に携わり、基幹事業を手がけることで収益化を図り、CSVを実現します。さらにこの地域開発モデルをインドネシアなど他の東南アジア諸国でも展開し、新たな事業軸を構築して持続的成長を目指します。

第1ステージ 基礎インフラの整備(発電事業、上水供給事業、廃棄物処理事業)
第2ステージ 農林水産事業の振興、雇用創出(稲作および精米事業、養殖事業)
第3ステージ 食品加工、産業振興、地域開発(農林水産系の低炭素型工業団地整備事業)
第4ステージ 橋梁・交通・物流インフラの整備(産業道路整備事業、港湾拡張整備事業)