人・夢・技術 株式会社長大

お知らせ

フィリピン・ブトゥアン市で開催された「PPPナショナル会議」に登壇

2020年02月12日

 当社は、2月6日(木)と7日(金)の2日間にわたって、フィリピンのミンダナオ島にあるブトゥアン市で開催された「PPPナショナル会議」に参加、当社が2011年からブトゥアン市を中心としたカラガ地域で進めている地域開発CSVプロジェクト(ブトゥアンCSVプロジェクト)について事例報告するために登壇いたしました。

 今回の「PPPナショナル会議」は、ブトゥアン市と東洋大学アジアPPP研究所が共催して開催したもので、初日と2日目の10時までに行われたプレゼン発表と、当社が進めてきた事業サイトの視察訪問で構成。東洋大学関係者と共に、国際連合欧州経済委員会(UNECE)のPPP推進局の2人も、ブトゥアンCSVプロジェクトのサイト視察に参加いたしました。

 UNECEでは今、SDGsの達成に貢献するPPPとして考えている、「人」を中心に置いた新たなアプローチに基づく「ピープル・ファーストPPP」を提唱、推進しようとしています。ブトゥアンCSVプロジェクトは2017年に、UNECEからピープル・ファーストPPPのベストプラクティスの一つに選定されていますが、今回の「PPPナショナル会議」での当社の事例発表やサイト視察を通して、UNECE関係者からは改めて、ブトゥアンCSVプロジェクトが、ピープル・ファーストPPPに合致した好事例であり、今後広く世界に発信していきたいと評価する旨の発言がありました。

 当社は引き続き、ブトゥアンCSVプロジェクトを推進していくと共に、東南アジアを中心に、SDGsに貢献する考えから、国際機関や大学を始めとした教育機関とも協力しながら、新興国における地域開発、経済発展に貢献していきたいと考えております。