人・夢・技術 株式会社長大

お知らせ

フィリピン国 新マクタン橋建設事業詳細設計を受注

2021年03月10日

 当社は、フィリピン国セブ島とマクタン島の海峡を跨ぐ4番目の橋梁建設事業となる「新マクタン橋建設事業詳細設計(*1)」業務を受注致しました。

 本事業は、新マクタン橋のほか、セブ島側に新たに臨海道路を建設するフィリピンにおける一大プロジェクトで、2020年6月に国際協力機構(JICA)とフィリピン国政府は本件に関して円借款貸付契約(約1,200億円)に調印(JICAリンク:https://www.jica.go.jp/press/2020/20200616_10.html)、その準備調査として本件詳細設計がJICAより公示され、当社を含む4社事業体(JV(*2))が特定されたものです。(企業体契約金額約24億円(予備費および税金を含む。))

 本事業では、架橋地に隣接するマクタン島内にある空港や海峡部航路による各制約により橋梁形式が限定される中、最大支間長210m強となる鋼箱桁橋が選定され、当社はその設計等を担当することとなりました。完成すると東アジアでも最大級の長大箱桁橋梁となります。

 本橋が架橋されることで、増加するセブ・マクタン島間の交通需要への対応とセブ市街地の交通渋滞の緩和が可能となり、同都市圏の社会経済の健全な発展に寄与することが期待されています。


 当社の地域開発事業が先行するフィリピン国において、創業以来長年培ってきた長大橋梁設計技術も発揮できる機会をいただくことができました。これからも当社の持つ技術を研鑚し持続可能な事業の発展のため、引き続き精進してまいります。



*1フィリピン国新マクタン橋建設事業準備調査及び詳細設計調査【有償勘定技術支援】(フェーズII)
*2 JV構成;㈱オリエンタルコンサルタンツグローバル(代表)、日本工営㈱、㈱アルメックVPI、㈱長大




  20210310_1.JPG  20210310_2.JPG