人・夢・技術 株式会社長大

お知らせ

山梨県南部町における木質バイオマス発電所「南部町バイオマス発電所」完成

再生可能エネルギー地域創生

2021年05月27日

 当社子会社の「株式会社南部町バイオマスエナジー」(代表取締役 飯干貴久)が山梨県南部町で整備・運営する木質バイオマス発電所「南部町バイオマス発電所」が完成しました。5月21日には、南部町長の佐野和広氏をはじめ、南部町議会や森林組合の方々、山梨県の関係者の方々がご列席の下、竣工式を執り行われました。

 竣工式の翌日より24時間連続稼働試験などを行い、6月初旬~中旬の商業運転を目指しています。また、発電所を半年ほど安定稼働させた後には、体育館側へ電力線をつなぐ工事、温水プールへの熱供給工事を予定しています。さらに、今後1年を通じて燃料が不足なく集まり、さらに集荷量に余力が出るようであれば、南部町内での新たに2ヶ所の発電所の建設を検討していく予定です。

 当社は環境・新エネルギー分野の一事業として、今後も再生可能エネルギービジネスを推進してまいります。

【本事業の概要】
 本事業は、山梨県南部町と「公民連携木質バイオマスガス化発電事業」に係る協定書を交わし、南部町内のアルカディア南部総合公園スポーツセンター(山梨県南巨摩郡南部町大和360)の敷地内に木質バイオマス発電所(熱分解方式)を建設し、豊かな森林資源を有する南部町および近隣地域から間伐材由来の木質バイオマス資源を調達して発電事業を行うものです。
 発電工程で得られる排熱はスポーツセンター内に併設されている温水プールの保温用熱源、並びに間伐材由来の木質チップの乾燥用熱源として発電所内で利活用されます。また、スポーツセンターは南部町最大の防災拠点であることから非常時には発電所から電気を送電する「非常用電源」の仕組みも取り入れています。



20210527_1.jpg
竣工式:永冶社長の施主挨拶




20210527_2.jpg
木質バイオマスガス化発電設備