人・夢・技術 株式会社長大

長大の事業

コンサルティングして終わるのではなく、コンサルティングから始める

大淀町まちづくり基本構想の策定

公共施設再配置に係る今後の公有地有効活用への取り組み

 大淀町の中心部に位置していた町立大淀病院が奈良県の「新南和公立病院体制(平成28年4月)」により、郊外へ機能移転され、閉院することとなったため、病院跡地活用に加え、駅前、商店街、吉野川を含めたまちづくりの地区を設定し、跡地活用を中心としたまちづくり基本構想を策定しました。

 まちづくり基本構想は第三次総合計画の内容を踏まえ、大淀町の交通ネットワーク計画や地方創生総合戦略、奈良県の大淀町まちづくりに係る調査業務の内容から、まちづくり対象地区の現状整理を踏まえ、①地域住民による住民会議、②町長・副町長、関連部局を含めた庁内会議、③学識経験者、近鉄・奈良交通を踏まえた検討委員会及び幹事会の大きく3つの視点を取り入れて策定しました。

 基本構想の具体的な内容は、まちの課題を整理し、課題に対するまちづくりの基本方針と全体コンセプトを検討し、基本構想図として図示化しました。