人・夢・技術 株式会社長大

お知らせ

グループ企業の株式会社長大キャピタルマネジメントが創業後初の案件として国内PFI事業に融資を実行しました。

2020年05月14日

グループ企業の株式会社長大キャピタルマネジメント(本社東京、資本金9,000万円、塩釜浩之代表取締役)は、拡大・多様化する国内のPPP/PFI市場において、地域密着型のPPP/PFI事業を行いコンサルタント業界でトップクラスの実績を誇る当社に、事業者へのファイナンス機能を付加する事を目的に20186月に設立されました(長大キャピタルマネジメント設立については2018年12月4日のお知らせをご参照ください)

PFI事業者は主にプロジェクトファイナンスで資金を調達しますが、プロジェクトファイナンスでカバーしきれない施設整備期間及び運営期間の資金需要に対して、長大キャピタルが融資実行することで、スムーズな事業執行に資することを目的としています。

この度、長大キャピタルマネジメントは創立以来初の融資案件の実行に至りました事をお知らせ致します。

融資案件は、兵庫県尼崎市が実施するPFI手法による学校給食センター事業であり、長大本体がSPCの一員として事業マネジメントやモリタニングなどを行う事業です。融資総額は8,000万円であり、当該事業を長大グループとしてマネジメント並びに資金調達の両面からサポートし、質の高い公共サービスの提供、実現を図って行くものです。

今後は、本第一号案件に続き、Park-PFI事業(2020年4月15日のお知らせをご参照ください)や他のPFI案件などが控えており、長大グループとしてPPP/PFI事業による地域創生や地域の活性化に積極的に貢献して参ります。